羽田空港のスカイマークカウンターはどこにある?羽田からどこに就航しているの?

羽田空港をハブ空港として設定しているスカイマークですが、一体どのターミナルに存在し、カウンターはどんな風になっているのでしょうか。そして、羽田空港からどんな地域にフライトが就航しているのかを見てみましょう。

スカイマークは羽田空港の第1ターミナルにある

スカイマークは羽田空港と神戸空港をハブとしている航空会社です。そんなわけで、もちろん、羽田空港にもスカイマークカウンターはあるのですが、これは、羽田空港第一ターミナルにあります。

もし、電車で行かれる方は、ホームの色々な場所に「スカイマークはこちらのターミナル」という文字が書かれています。もしそれに気付かないならば、JALと同じターミナルなので、赤い色をした矢印の方向に進んでいけば大丈夫です。

そして、スカイマークの空港カウンターなのですが、奥の方にあります。このターミナルは、ほとんどJALカウンターで埋め尽くされているので、ちょっと気づかないかもしれませんが、ターミナルのほぼ一番端にスカイマークカウンターが用意されていますので、そこでチェックインなどを行ってください。

ちょうどGゲートの横(2階の北ウィング、時計台4の当たり)にあるので、ゲートの文字を頼りに進んでいけば見つかるはずです。国内線のみになりますから、遅くとも20分前までにはゲートに向かえば問題ありません。

スカイマークは羽田空港からこんな所へ就航している

では、気になるスカイマークが羽田空港から就航している都市をご紹介しましょう。それは、新千歳空港、神戸空港、長崎、福岡、鹿児島、そして沖縄の那覇空港となります。これ以外であれば、仙台空港や茨城空港、名古屋空港にもスカイマークは就航しているのですが、近郊ということもあってか、羽田空港からは、これらの空港へは就航していません。

また、九州へ行く際には、あまりも便が混みあっていて、直行便が取れないこともあります。そうなった際には、羽田空港から神戸空港を経由して九州の各都市の空港へと行くこともあります。経由した際には、若干直行便よりも値段が安くなることはあるのですが、時間はもちろん、乗り継ぎをしたり、待ち時間もあったりするので、直行便よりもかかってしまいます。

ちなみに、天気が悪かった場合など、スカイマークのフライトが飛ぶか不安だと思った際には、羽田空港のホームページからもチェックできますし、スカイマークのホームページから運行状況の確認ができますので、利用しましょう。

スカイマークのお得情報と利用法TOP