スカイマークの機内はどんな風になっていて、どんなサービスがあるの?

スカイマークに乗ったことがある方も多いでしょうが、まだ乗ったことがないという人もいますよね。そこで、ここでは、気になるスカイマークの機内について、そして、機内ではどんなサービスがあるのかをご紹介したいと思います。

スカイマークの機内は、格安航空会社だけどリッチな造り

スカイマークはLCCのように、1種類の大きさの機種を使ってコストダウンを図っていましたので、どの機体も、片側3席ずつの1通路というのが基本となります。ただし、最近では、いわゆるジャンボ機を投入したので、その際には、両サイドが2席で、真ん中が4席の1列に8席、通路は2つとなります。

そして、スカイマークの特徴でもあるのですが、シートはレザー素材を使っているので、リッチな気分で空の旅を楽しむことができます。席と席の幅もそれなりにスペースが開いているので、居心地が悪いという思いは男性でもしません。

最近では、このシートをグリーンにすることで、視覚的な快適さを提供するという、面白い試みもスカイマークではしています。これによって、心を落ち着けて空の旅ができるといわけです。

また、有料でインターネット配信する航空会社が増えてきましたが、スカイマークに関しては、なんと無料でWi-Fiが提供されているので、飛行機に乗っている時間も、より過ごしやすく、快適になりました。

スカイマークの機内サービスは低価格で利用できる

昔は、スカイマークでも大手航空会社のように、機内サービスとして、無料ドリンクが提供されていましたが、今では有料になりました。ただし、一部は無料になっています、では、一体どんな内容になっているのかというと、ソフトドリンク、またスペシャルコーヒーに関しては、1杯100円となっていますので、かなり安いですよね。

ちなみに、チョコレートやキャンディーも無料で配られています。旅行でスカイマークを使うという方は、旅行気分を高めるために、飛行機の中でお酒が飲みたい方もいますよね。ビールであれば、1本300円ですから(発泡酒ではありません)、ほとんどコンビニと同じような値段で購入することができます。

もちろん、おつまみもついてくるという至れり尽くせりぶりです。さらに、スナックも販売されており、これも100円から300円までと、機内販売にしてはかなり価格は安くなっているので、節約のためにわざわざ空港で何かを買って機内で食べるなんてことをしなくても良いくらいの値段です。

スカイマークのお得情報と利用法TOP