スカイマークの運賃の特徴って?どんな種類があるの?

航空業界に価格的な革命を越してくれたスカイマークですから、運賃にも特徴があります。大手航空会社とはどんな風に運賃が異なるのか、さらに、気になる割引運賃にはどんなものがあるのかということを見ていきましょう。

スカイマークの普通運賃は大手航空会社よりも安くて魅力

スカイマークはLCCでもなければ、大手航空会社でもありません。ですが、価格的な革命を航空業界にもたらしてくれた航空会社で、この普通運賃というのが、大手航空会社の普通運賃設定よりも安くなっています。

通常、大手航空会社であれば、普通運賃が40,000円を超える片道航空券も、同じ区間でスカイマークだと、21,000円ほどで提供しているのです。ほぼ半額で飛行機を利用できるということです。昔はスカイマークも無料ドリンクが提供されていましたが、今は有料になりました。

また、大手航空会社はいまだに無料ドリンクが提供されていますが、その内容は、昔よりもかなり簡素なものになってきています。ですので、サービス自体にはほとんど差がないといえます。それでこれだけの価格差が出るというのは、やはりスカイマークは安いと皆さんが感じるでしょう。

荷物の規定量など、細かい所を見れば、もちろん、大手航空会社の普通運賃の航空券を購入した方の方が、良い条件かもしれませんが、そこまでのものを求めていないなら、スカイマークの普通運賃航空券は十分満足していただけます。

スカイマークの割引運賃は種類豊富でわかりやすい

スカイマークの運賃は、先述したように、大手航空会社よりも断然格安なものとなっていることがわかったかと思います。しかし、それだけではなく、割引運賃設定もされており、この割引運賃が非常にわかりやすいので。

例えば、いま割というものが1番安い割引運賃設定になります。これは、普通運賃の半額以下の値段で片道航空券を購入できるというもので、販売数自体はそんなにないのですが、フライトが出発する前日まで、残席があれば購入可能です。

この残席数もホームページでパッとわかるようになっているのもありがたいですよね。さらに、前割3と前割1というのがあります。これは、読んで字のごとく、出発3日前、そして前日までに航空券を購入すれば、この価格になるというものです。

しかも、通常割引運賃だと、変更やキャンセルがきかないものがほとんどですが、スカイマークは変更できるものが多いのです。ちなみに、SKYセールという価格もランダムに行っており、より安い航空券が手に入りますが、変更はできません。

スカイマークのお得情報と利用法TOP