スカイマークの預け荷物と手荷物の規定について知っておこう!

昨今、比較的規制が少なかった国内線フライトでも、手荷物や預け荷物に関する規制が厳しくなってきました。では、スカイマークの手荷物や預け荷物に関する決まりはどのようになっているのか、見ていきましょう。

スカイマークで手荷物にできるものとできないもの、いくつまで持って行ける?

まずは、手荷物から見てみると、大きさ、そして個数が決まっており、個数は1個のみです。大きさに関しては、55cmx40cmx25cmとなっており、この3辺の和の合計が、115cm以内のバッグが限度となっています。

しかし、サイズも個数もこれに当てはまっていても、機内にちゃんと置けないようなバッグである場合は、預け荷物にしなければならないので注意しましょう。そして、手荷物として機内に持ち込めないものというものも当然あります。

まずは、よく空港のゲートの前で没収箱が用意されていますが、そこに入っていますよね。ライターやマッチなどの火気は絶対に持ち込めません。これは、ちょっとした衝撃によって、飛行機の燃料となっているガソリンと結合し、発火する恐れがあるからです。

また、機内でのハイジャックや危険を回避するため、もちろん、ナイフなどの刃物は持ち込めませんので気を付けましょう。ただし、刃物に関しては、預け荷物にすることができるので、こういったものを持っている方は、必ず預け荷物にしまっておくようにしてください。

スカイマークで預け荷物をする際の重量と個数の限度は?

スカイマークはLCCではないので、荷物に関する規定は、ゆるめになっています。預け荷物は、20kgまでの荷物であれば、無料で預かってもらえます。トータル20kgとなりますから、預け荷物のバックの個数が5個であっても、この重量に入っていれば、荷物の個数に制限はありません。

ただし、荷物の大きさには制限があり、1つあたり、50cmx60cmx120cm以内のもののみとなります。また、どうしても、この重量をオーバーしてしまうという方は、それも預けられます。20kg以上100kg以下の荷物に関しては、オーバーした重量、10kgごとに1,000円の超過料金を支払えば預けることが可能です。

また、この場合も、個数は同じく制限なしです。そして、100kgを超えてしまうというのであれば、これは預けられなくなりますので、この重量を超えないようにしてください。

また、預けられないものとして、当然ですが、貴重品はご自身で必ず身に着けておかなければいけません。他にも、水漏れの恐れがあるものは、他の荷物にダメージを与えるでの、預けられませんので注意してください。

スカイマークのお得情報と利用法TOP